ようこそ

本分野ではナノビジョンサイエンスとその応用のためデバイス、システムの研究を進めています。真空中の電子という理想に近い状態でのデバイスを目指して真空中に電子を放出する素子やアプリケーション・半導体量子構造におけるスピン制御の研究 から、MEMS技術によるトランジスタやエレクトレットデバイス、フォトンカウンティング検出やこれを用いたフォトンカウンティングX線CTシステム、さ らにこれらを表現する画像処理や解析表示に至るまで、個々の光子・電子のナノ領域制御を画像工学に導入したナノビジョンサイエンスによる革新的画像科学技 術の研究を進めています。

卒研配属希望の学生の皆さんへ

◆三村・橋口・青木・根尾・伊藤研究室(電子工学研究所ビジョン・インテグレーション分野)での研究を希望の学生さんへ◆

【青木研:今年度の配属は終わりました】

青木研を希望の3年生(情報学部CS・ISプログラム)は情報学応用論を受講のうえ、研究室見学へどうぞ。

【三村・根尾研、伊藤研、橋口研:今年度の配属は終わりました】

三村・根尾研,伊藤研を希望の4年生(工学部電気電子工学科)、橋口研を希望の4年生(工学部機械工学科)は下のテーマ説明を参照のうえ、研究室見学へどうぞ。

 

 指定期間以外や他学年、大学院生などでも研究室見学・説明などは出来る範囲で対応します。

連絡先:内線は053-478-に続ければ外線からかかります。
三村教授(工学部電子物質科学科) mimura [at] rie.shizuoka.ac.jp 335室 1315
橋口教授(工学部機械工学科) hasiguti [at] rie.shizuoka.ac.jp 333室 1309
青木教授(情報学部情報科学科) rtaoki [at] ipc.shizuoka.ac.jp 405室 1321
根尾准教授(工学部電子物質科学科) y-neo [at] rie.shizuoka.ac.jp 243室 1358
伊藤准教授(工学部電子物質科学科) dtito [at] ipc.shizuoka.ac.jp 317室 1373

三村教授,橋口教授,根尾准教授,伊藤准教授は電子工学研究所
青木教授は,光創起イノベーション拠点棟

★研究室運営
三村・青木・根尾・伊藤研究室のビジョン・インテグレーション分野で三村・根尾・伊藤研の学生は電子工学研究所343室,橋口研は居室331室,青木研は光創起イノベーション拠点506室に在籍します。

★卒研生配属:
三村教授・根尾准教授・伊藤准教授は工学部電気電子工学科(先生の所属は電子物質科学科)から、橋口教授は工学部機械工学科から、青木教授は情報学部CSおよびISプログラムからの配属で、IDプログラム生で青木教授に強い希望がある場合はプログラム変更が必要です。なお、情報社会学科のISプログラムの学生は特に手続きなく選択可能です(直近5年間に2名情報社会学科の学生が在籍しています)。

★大学院(修士)←★注意★
※教員の専攻と学生の専攻は同じである必要があります※ 次年度は改組により変更がある予定です。

  • 三村教授・根尾准教授・伊藤准教授:総合科学技術研究科 工学専攻 電子物質科学コース
  • 橋口教授:総合科学技術研究科 工学専攻 機械工学コース
  • 青木教授:総合科学技術研究科 情報学専攻 (科学科、社会学科の区別はありません。CS・ISプログラム対象です)

AO受験(推薦受験)の場合は卒研生と同じ学部からのみとなります。受験をして入学される場合は世界中どこの学部からでも問題ないですが、専攻は教員と同じでなければなりません。受験前に相談してください。

★大学院(博士)
大学院(博士課程)は創造科学技術大学院となり、世界中どこからでも進学可能です。詳しくは募集要項をご覧ください。

★研究内容
研究内容は、デバイスを中核にしていますが材料物性から信号処理、ソフトウェアまで多岐にわたっています。詳細は各教員のページへ。